お問い合わせはこちら

専門的なブログ

日頃感じたことや学んだ事を綴っていく専門ブログ

あくまで個人的な見解です

2022/06/04

鍼をするときはできるだけ「我」を薄くすること。我が出るときは力みが出る。力みが出ると呼吸が浅くなり魄気が滞り感覚が落ちる。自分しか見えなく…

虚実

2021/11/02

虚実ってシンプル。実は、「気が集まりすぎている」か、「気が余っている」状態。虚は、「気が散っている」か、「気が不足している」状態。病理とい…

曲池

2021/10/12

最近、曲池の反応がおもしろい。時期的にピッタリな気がする。秋気である肺気を巡らし、表証の多いこの時期に抜群。陽明にこもった湿熱を動かし、子…

自由

2021/03/26

今日のお灸と鍼、抜群によかった。振り返ってみると、・治療する感覚は、大切な人が喜んでくれる姿を想像しながらプレゼントを買いに行く感覚に似て…

大便の後に下血するか、下血の後に大便が出るかで、弁証してるのおもしろい。先血後便は大腸湿熱下注による陰絡の損傷。張景岳「血の便前に在りて来…

鍼は心

2021/02/03

今日はふと「自分がなぜ鍼灸師になったのか」分かった気がした。不器用な父の深いところに触れて、ただただ「有り難う」と心が感動した。身体を通し…

環世界

2021/01/29

ユクスキュルの「環世界」。自分にとって意味あるものに目が行く。モンシロチョウは午前中は交尾のためにキャベツ畑を飛び回って、花には目もくれな…

太極

2020/11/09

陰陽という概念がなくなり、太極に戻る瞬間。自分と自分以外の世界が陰陽であるなら、自他との境目がなくなる瞬間がそれなのかも。気が広がって、呼…

まんまる

2020/10/12

集中することは、頑張ることだと思っていた自分がいた。頑張っても、自分の経験則の範囲内での実力しか出ない。自分の内に秘めている無限大の実力を…

野口晴哉先生の有名な著書「風邪の効用」。非常に勉強になります。カゼをひくということが悪いように捉えられる風潮の今。野口先生曰く、「カゼは病…