堺市の鍼灸曽我正安堂はお客様一人ひとりの身体の状態に合わせた施術を行っています

お問い合わせはこちら

施術について

堺市の曽我正安堂では、どのような施術を行うのかをご紹介致します

SERVICE

鍼灸の施術を堺市で受けたいとお考えならぜひ一度お越しください

堺市にある鍼灸曽我正安堂では、地域密着のサービスを展開することを常に心掛けており、何らかの体の不調にお困りの方に安心して鍼の施術を受けていただけるよう、様々な工夫を行っています。
そもそも鍼というもの自体をよく知らず、ちょっとした抵抗感をお持ちの方もたくさんいらっしゃるはずですので、「痛みがほとんどなく、それでいて効果はてきめん」という東洋医学に基づいた鍼のことをもっと知っていただけるように努めています。ぜひ一度堺市の中区の鍼灸院にご来院ください。


鍼について

豪鍼(ごうしん)

一般的な刺す鍼です。
刺すというか、ツボに置くという表現が正しいかもしれません。
鍼は髪の毛ほどの細さ(0.18~0.25mm)で、ほとんど痛みはありません。
一定時間、鍼を置いて体の変化を診ていきます。
鍼はすべて使い捨てですのでご安心ください。

打鍼(だしん)

刺さない鍼です。
安土桃山時代から継承されている日本独自の腹部打鍼術。
小さな小槌を使って、太くて先の丸い鍼を叩き、振動でお腹の気の停滞を取り除いていく方法です。
小さなお子さんや妊婦の方、体力のない方に向いている治療方法です。

古代鍼(こだいしん)

刺さない鍼です。
皮膚に軽く接触させたり、かざすことにより気を動かします。えっ、こんなんで効くの?と思うかもしれませんが、非常によく効きます。
敏感な方やお子さんによく用います。

お灸について

もぐさを一つ一つ手でひねり、線香で火をつけ熱刺激を与えます。
大きさは米粒の半分くらいです。
感覚として一瞬、チカッとする感じですね。
最後まで燃やす透熱灸、8割ほど燃やす八分灸などお体の状態に合わせて、火加減は致します。

堺市の鍼灸曽我正安堂は患者様一人ひとりに適した施術を行っています

堺の中区伏尾というエリアで、周辺にお住まいの方が日頃から悩まされている肩こりや腰痛、めまいや生理痛といった厄介な症状に対し、しっかりと効果を出せる鍼の施術を行っております。古代中国で誕生してから発展を続けてきた東洋医学の理論に基づき、現代の人間の身体に適した施術を行うようにしております。
また患者様の身体の調子をしっかりチェックしてから施術を行うのはもちろんですが、その他にも気を付けているポイントがあります。気候の変化も体調に影響を与えますし、患者様の生活環境や性格、ものの考え方なども大きく関係してきます。それらにもしっかりと目を向けた上で、「何が主な原因となって症状を引き起こしているか」を探っていき、一人ひとりに合わせた施術を行うようにしております。

堺市の鍼灸曽我正安堂では安心して受けられる施術を提供しています

提供している施術の大きな特長の一つとして、鍼を打つ箇所をできるだけ少なくしていることが挙げられます。ご来院されましたらまずは患者様に「どのような症状がどれくらいの期間に亘って続いているか」を詳しくお聞きした上で、全身の状態をチェックしていきます。そして症状を和らげるのに最適な経穴(ツボ)を選び出し、そこに集中して施術を行います。
その場所はほぼ1ヶ所であることがほとんどで、鍼を打つのも多くて2~3ヶ所です。大量の鍼をどんどん刺していくイメージをお持ちの方は、意外に思われるかもしれません。しかしそれでもきちんと効果を出せることは、これまでの実績が証明しています。また使用する鍼については患者様の体質やご希望に合わせて使い分けておりますので、ご安心ください。

堺市にある鍼灸曽我正安堂では東洋医学に基づいて症状を分析します

患者様が真剣にお困りになっている症状を快方へと向かわせるためには、その症状をしっかり分析することが大切であると考えております。ご来院された患者様の症状についてのお話をしっかりお聞きし、身体を診させていただいたことを、「弁証論治」という東洋医学の方式を用いて分析していきます。お聞きした内容、お顔の血色、舌の状態、脈拍のリズム、腹部の緊張状態など、あらゆる情報をまとめて分析を行い、症状がどのように変化していくかを見極められるようにしております。
その上で鍼の施術を行ってまいりますので、確かな効果を実感していただくことができ、患者様満足度にも繋がっているのです。今後もより多くの方に鍼の施術の素晴らしさを知っていただけるよう、日々の施術に力を入れてまいります。